「がん治療に伴う脱毛や乳がんの手術跡をカバーするウィッグ (かつら)や胸部補整具の購入経費を助成」

東京都港区では、港区在住でがんと診断され治療を行っている人に対し、癌治療に伴う脱毛や乳がんの手術跡をカバーするウイッグや胸部補整具の購入費用を上限3万円(購入費用の70%)まで助成を行い、がん患者の就労継続や社会生活を支援します。

 

対象品

ウィッグ、胸部補整具

対象者

東京都港区内在住で、がんと診断され治療を行っている人

申請必要書類

がんの治療を受けていることを証する書類(がんの治療を受けていることを証する書類は、お薬手帳、診療明細書など)、
領収書、本人確認書類(領収書は、平成29年4月1日からの領収書が有効になります。)

申請方法

申請書類を郵送により、みなと保健所健康推進課あてに送付。

助成制度のご案内(手引き)(pdf421kb)

申請書(pdf:151kb)

申請記入例(pdf:269kb)

 

また、港区では費用の助成だけでなく、「外見(アピアランス)へのケアに関わる適切な情報の提供とがんの治療をしている区民が、身近で相談できる場所づくりを進めています。

がん治療に伴う外見の変化のお悩みや、ウイッグや胸部矯正具のご購入に関する相談、助成金の申請についてのお問合せは、港区と外見(アピアランス)のケアに関する連携協定を締結している「みなとアピアランス・サポート相談室」にご相談下さい。

詳しくは下記のボタンをクリックしてご相談ください。