お知らせ

乳がん治療と乳房再建の情報ファイルのサイトで当相談室が紹介されました。→ 記事を見る

スタッフ募集のお知らせ→ 募集要項を見る

国立がん研究センター中央病院 野澤桂子アピアランス支援センター長の特別講演会の様子が理美容ニュースに掲載されました。(記事の中で当相談室の取組が案内されました。)→ 記事を見る


みなとアピアランス・サポート相談室は、乳がんの体験者のためのコミュニティサイト「Cheer Woman(チアウーマン)」を応援しています。

アピアランス サポートとは?

抗がん剤や放射線治療にともなう外見変化へのケアなどをアドバイスし、治療中、治療後のより良い生活をサポートします。

抗がん剤など化学療法による脱毛や皮膚のくすみ、爪の変色など、癌治療によって患者さんは外見の変化を体験される方が多く、治療の負担に加えて、一時的に外見が変わることで自信をなくしたり、社会生活をする上での苦痛を抱えてしまうことがあります。
アピアランスサポートは、このような悩みを持つ患者さんに、有益な情報を提供し、どのように対処していくかを一緒に考え、病中、病後の社会生活の質をより良くするためのサポートを行います。

What is Appearance Support?

In Japanese, “Appearance Support” refers to beauty and personal care services that support cancer patients experiencing changes to their appearance due to illness and medical treatments, such as hair loss, nail discoloration, skin dullness, and changes due to surgery. Cancer patients who are already experiencing the devastating effects of the disease often find their difficulties compounded with appearance change worries and having to deal with the reactions of those around them. Appearance care specialists at Minato Appearance Support Center are dedicated to providing comprehensive consultations to customers by offering personalized information on services and helping them choose what is right for them.

脱毛の準備とケア

 

なぜ脱毛がおきるの?

化学療法は、がん細胞の細胞分裂を抑えることによって、がんを退治しようとするものです。その過程の中で正常な細胞分裂も一緒に抑えてしまうので、薬剤等の影響で骨髄や毛根、爪などに副作用が出る事があります。薬剤によっては、脱毛の副作用が少ないものもあり、治療に使用する薬剤の種類や組み合わせなど治療が人それぞれ異なるように、副作用の程度や表出の仕方には人それぞれに個人差があります。

 

脱毛の予防や軽減

抗がん剤の副作用による脱毛を防ぐ方法として、頭皮冷却法の効果が期待されています。頭皮冷却法は抗がん剤を投与する時に、クーリングキャップを装着して頭皮を冷やす事で毛細血管を収縮させ、毛根への薬剤の作用を少なくし脱毛を予防する方法です。しかし、まだ日本では、保険適用外であり、実施可能施設も極めて限定されています。かかりつけの病院で実施可能かご相談してみるとよいでしょう。

脱毛を伴う抗がん剤治療を行うと約1年~2年はウイッグを必要とする生活をすることになります。帽子型のウイッグなど手軽に着用できる物もありますので、治療に入る前に準備しておくと安心です。

 

脱毛前の準備:

髪をカットしましょう

脱毛前と脱毛後のイメージが大きく変わると、心の負担も大きくなることがあります。抜け始めた髪の始末を簡単にするためにも、髪は短めにカットしておきましょう。でも、剃ったり、短くしすぎると抜けた毛が肌に刺さったり衣類に入り込んだりしますので、あまり短くしすぎないようにしましょう。

ウイッグを用意しましょう

個人差はありますが、脱毛後約1年間から2年間はウイッグを使用することになりますので、治療前に準備しておくと安心です。
人毛、人工毛、そして混毛など毛の素材、マシーンメイドにハンドメイドと製法の種類も価格も様々です。
一見しただけでは、耐久性や、お手入れのしやすさなど品質の違いやウイッグの特徴はよくわかりません。

ー ウイッグは、どのように選べばいいの?

ウイッグについての予備知識があると安心して選ぶことが出来ます。アピアランス・サポート相談室にご相談下さい。

ウイッグとの付き合い方も人それぞれです。自分のライフスタイルに合ったウイッグを選びましょう。
●リーズナブルでスタイリッシュなウイッグを購入して痛んできたら、新しいスタイルのものに買い変えて、おしゃれを楽しむ。
●外出の機会がそれほど多くないので、簡単に着用できる帽子型のウイッグや襟足だけのウイッグと帽子で気軽に過ごす。
●仕事上、取引先に病気のことを知られたくないので、より自然な上質のウイッグを美容師さんにカットしてもらい自分用にアレンジ。

いろいろなメーカーのウイッグを試着しながら、最適なウイッグ選びのお手伝いをしますのでご相談下さい。

 

脱毛中のケア:

頭皮は清潔にしましょう

頭皮は身体の中で皮脂の分泌が一番多いところです。頭皮はお顔の2倍の皮脂がでます。脱毛中も頭皮を清潔に保つために、負担にならない範囲で、なるべく毎日シャンプーをおこないます。

髪の洗い方:
泡立てボトルで泡を立てたものを頭皮につけて優しく洗う。十分な泡立てとすすぎがポイント。

 

使い捨てのキャップを用意しましょう

個人差はありますが、抗がん剤投与後10日ぐらいから脱毛が始まります。髪が抜けきるまでの約1週間の間、抜けた髪が散らばるのを防ぐために不織布などで出来た使い捨て用のキャップをかぶります。就寝時は特にお勧めです。

脱毛後のケア:

頭皮の保護をしましょう

頭髪がないといつもより汗や皮脂が気になりますし、頭部の冷えを感じることもあります。リラックス時や就寝時に使う柔らかな素材でできた帽子の用意があると便利です。
心地よいヘッドスパなどリラックス効果を目的とした頭皮のマッサージは治療中でも行って良いですが、育毛を目的とした頭皮のマッサージや育毛剤の使用は効果が期待できないので治療が終わってからはじめましょう。
頭皮のマッサージは血行を良くして、新しい毛髪が生える力を促進します。
育毛マッサージは抗がん剤投与後1~2ヶ月して、新しい髪が生え始めるころから行うと良いでしょう。
マッサージと同様に、発毛が始まってから、ミノキシジル配合の増毛剤や育毛剤などを使用することも発毛を促進する効果が期待できます。育毛効果を期待した商品はその他にもありますが、安全な商品であるかは医師に相談の上使用されることをお勧めします。

眉毛・まつ毛の脱毛について

頭髪と同様に、眉毛やまつげの脱毛を経験することがあります。
眉毛は一般的にはパウダーアイブロウが人気ですが、眉を描くのが苦手な人や、毎日描くのが面倒といった人には、一度描くと3~7日は消えない便利なアイブロウなどもありますので利用してみてはいかがでしょうか。
まつげは、アイラインを描くだけでも目の印象は変わりますが、メガネをかけることで、さらに自然でお洒落な印象になり、また、目にほこりやゴミが入ることをよぼうできる目利ともあります。メガネはフレームが厚めのものをかけることで、目回りのメイクの必要がなくなりますので、準備しておくことをお勧めします。
つけまつげは、肌が敏感になっている時期は接着剤(グルー)の刺激が強いと感じる方が多いので、低刺激のグルーを用意することをお勧めします。心配な場合には、少量をつけてみてアレルギーなどの反応が出ないか試験することも良いでしょう。

 

スキンケア

がんの薬物療法で起こる副作用は完全に防ぐことは出来ませんが、日常的にケアを継続することで、皮膚障害の悪化を防ぐことは可能です。そのためにもかゆみや痛みなどの自覚症状だけでなく、皮膚をよく観察して状態を知ることが大切です。その上で適切なケアを行います。

保淸のポイント・・皮膚は清潔に

皮膚が汚れたら洗いましょう
石けんは刺激の少ないものを使用しましょう
石けんは良く泡立てて使用しましょう

保湿のポイント・・皮膚を乾燥させない

保湿ケアに使用するローションやクリームは香料や添加物が少なく、アルコール成分が入っていないものを選び、たっぷり塗りましょう 手洗いや入浴後はこすらずに水分の押さえ拭きを行い、皮膚がしっとりしているうちに保湿ケアをしましょう。保湿剤を使用した後は、手袋や靴下で皮膚を保護するとより良いでしょう。 熱いお湯の使用は避けて下さい(40度以下で)

保護のポイント・・皮膚への負担を避ける

皮膚の刺激となる行為=紫外線、ケガ、虫刺され、摩擦、締め付けること、喫煙、不潔な状態でいることなどを避けましょう。

メイクアップ

化粧品は普段使用している化粧品でも何か異常を感じたら、薬物治療期間中の使用はやめましょう。一般的には、無香料、アルコール成分の入っていないものなど低刺激性の化粧品が良いとされています。

メイクの際のポイント

お化粧をしている時間を可能な限り短くしましょう。
お化粧をする前には、保湿ケアを十に行いましょう。
ファンデーションを塗るときは、摩擦しないように軽くパッティングするようにしましょう。

クレンジング

クレンジングはオイル、クリーム、ジェルタイプなどありますが、オイルタイプは一般的に洗浄力が強く、皮膚の負担が強いため使用を避けましょう。 また、拭き取るタイプは皮膚を摩擦し、刺激することもありますので、洗い流すタイプをおすすめします。

ひげそり

髭を剃る前には蒸しタオルなどで皮膚を柔らかくしましょう。
皮膚に負担のかかるカミソリは使わず、負担の少ない電気シェーバーを使用して下さい。
深剃り、逆剃りは皮膚を傷つけることがありますので避けましょう。
治療中は感染しやすいので、使用後のシェーバーは洗浄、消毒しましょう。

日焼け防止

紫外線対策をしっかり行いましょう。帽子、日傘、長袖、手袋の着用などで皮膚の露出を避けて下さい。
日焼け止めのローション、クリームを使用するときはアルコールや添加物が少ないものをしようしましょう。
汗や皮脂などで落ちて持続効果がなくなりますので、繰り返し塗るようにしましょう。
紫外線に対する効果の高い日焼け止めは、皮膚への負担も大きいため、帰宅したら洗い流すようにしましょう。
(参考:静岡県立静岡がんセンター「抗がん剤治療と皮膚障害」)

ネイルケア

抗がん剤投与により、黒ずみや変形といった爪の外見変化を経験することがあります。また、外見変化だけでなく、爪が弱くなったり、薄くなったりもろくなる場合もあります。予防として、抗がん剤投与時に冷却手袋を使用することを検討してみてはいかがでしょう。医師にご相談してみて下さい。

保淸のポイント

手を洗うときは爪の間も意識して丁寧に洗いましょう。指先にしびれや痛みがあるときは泡の出るタイプの石けんを使用してみて下さい。

保湿のポイント

手に保湿ローションやクリームを塗るときは爪全体にも塗って下さい。二枚爪や割れやすい爪にはタンパク質入りの爪専用美容液などもありますのでお試し下さい。ネイルオイルで雄まめに保湿し、爪の生え際を優しくマッサージすると良いでしょう。

保護のポイント

爪が弱くなっている時は可能な限り手袋、靴下を着用して下さい。爪の割れや剥がれ等があるときには、衣類に引っかけてしまわないように、部分的に保護テープなどの使用をお勧めします。

爪の長さを整える

爪は伸ばしすぎも深爪も良くありません。爪切りは衝撃で爪が割れる場合もありますので、なるべくファイル(爪やすり)を使用して長さを整えましょう。ファイルは一方向に動かして削るように使用します。

割れ剥がれなど

痛みがある場合、セルフでのお手入れは保湿のみにしましょう。爪の長さは短めに揃え、凹凸や表面のがさつきなどが気になる箇所には低刺激のマニキュアでコーティングしてほごする事ができます。

変色

低刺激のマニキュアやお湯で落とせるマニキュアがあります。色の奇異なる箇所に塗布して変色をカバーするとともにお洒落を楽しむのも良いでしょう。*マニキュアはつけっぱなしにせず、必要のないときには早めに落とすようにしましょう。お爪の状態によってはジェルネイルをされる方がいらっしゃいますが、爪を痛める可能性があり基本的には推奨できません。施術を希望する際には医師に御相談のうえ行って下さい。

巻き爪

深爪にならないように、なるべく短めに四角くなるようにファイルで整えましょう。お肌に刺激を与えないよう、角はとがらせずに少し削ります。爪甲にワイヤーやシートをはる矯正方法もありますが、爪がもろくなっている場合などは使用に十分な注意が必要です。

治療前に準備したいアイテム

こんなものがあれば良いのに。治療前後に用意しておきたい便利なアイテムをセレクトしご紹介しています。サバイバーの皆様からのアドバイス、アイデアを募り、いただいたアイデアを活用して、より便利でお洒落で心地よいアイテムをご紹介していきたいと思います。

 

医療用ウイッグ

アピアランス・サポートセンターでは、人毛や人工毛、MIXなどの素材や総手植えやマシーンメイドといった製法、価格帯の異なる複数のメーカーから選りすぐりのウイッグを取りそろえお試しいただけます。 (ご来所が難しい遠方の方には、カット調整なしでもすぐに使えるお手頃なウイッグをショップサイトでご紹介おりますのでご参照下さい)

商品の詳細を見てみる

 

医療用ウイッグ 帽子型ウイッグ・襟足ウイッグ

ひとつは持っていたいおすすめアイテム。ちょっとした外出などにとても便利な、帽子型のウイッグや帽子とセットで使う襟足だけのウイッグをご紹介しております。

商品の詳細を見てみる

 

ネイルケア

弱くなった爪の保護や、変色のカバーに適し、刺激の少ないアイテムをご紹介し、ご予約により長さ調整やネイルケアの施術を行っております。保護だけでなくお洒落を楽しめるアイテムとしてご利用下さい。

商品の詳細を見てみる

 

カバーメイク・メイク用品

肌のくすみ、眉毛、まつ毛の脱毛などが気になる方へ、便利なメイクアップ・アイテムをご紹介しています。

商品の詳細を見てみる

 

治療中・術後の補正下着・補正用品

放射線治療中、幹部を冷やすためのクールパットから、乳がん術後にスムーズな着用が可能なソフト素材の前開きブラなど、患者さんの声から生まれたサポート用品をご紹介しています。

商品の詳細を見てみる

 

その他

ヘアケア、スキンケア、あったら便利な小物など、皆さんのご意見を参考にアイテムをご紹介しています。

 

https://appcare.theshop.jp/

ご相談について

がん患者さんに向けた「治療にともなう外見変化に関する相談」を美容の専門知識を持つアピアランス・アドバイザーが受けております。お気軽にご相談下さい。

【ご相談内容例】

脱毛に関すること、自分に合うウイッグの選び方、自毛のケア、爪や肌の変色への対応、復職する前や婚礼等特別な日のためのトータルアドバイスなど。相談は港区とがん患者の支援に関する連携協定を結び、患者さんのサポートする美容師が行います。安心してご相談下さい。

Consultations with Our Appearance Supporters

We offer appearance care consultations for cancer patients, and strive to help our customers with cosmetic services and keeping a positive body image as they weather appearance changes while undergoing treatment.

Examples of services:

Consultations on handling hair loss
Wig selection consultations
Help in handling discoloration of skin and nails

We welcome all inquiries about our appearance support consultations, which are provided by beauticians who collaborate with Minato Public Health Center. Please feel free to contact us with any questions or to schedule an appointment.

 

東京慈恵会医科大学付属病院
〒105-8471 東京都港区西新橋3−19−18【GOOGLE MAP
TEL:03-5400-1232(直通)
相談日時:月2~4回相談会開催 (スケジュールを御確認ください)
場所:外来棟4階がん相談支援センター(患者支援・医療連携センター内)
お申し込み方法:担当医師や看護師にお申し出いただくか、直接お申込下さい。
希望者が多数の場合は予約優先となりますのでご了承下さい。

東京高輪病院
〒108-8686 東京都港区高輪3-10-11【GOOGLE MAP
TEL:03-3443-9191
相談日時:随時
お申し込み方法:担当医師や看護師にお申し出下さい。(通院者のみ)

みなとアピアランス・サポート相談室/東京都美容生活衛生同業組合 港三支部連合会
東京都港区高輪3-10-28(高輪台駅から徒歩2分、品川駅高輪口から徒歩8分)【GOOGLE MAP
TEL:03-3445-4010
相談日時:随時
お申し込み方法:電話にてご予約のうえご来店下さい。
ウェブサイト: http://www.app-sup.com/
e-mail:info@salon-esthe.com

みなとアピアランスセンター

【アピアランス・アドバイザー/アピアランス・アドヴァイザー】
村橋紀有子

資格:美容師及び管理美容師免許、ヴィザジスト・トータルルック・フォルマター、日本エステティック協会認定エステティシャン、オーガニック・プリーチャー、巡活マッサージⓇ・マスターインストラクター、ボリューム・エクステンション講師、日本コスメティック協会 コスメマイスター、及びスキンケアマイスター

出張アピアランス・サポートと必需アイテムコーディネート・サービス(有料)も承っております。詳しくはお問合せ下さい。

 

スタッフ募集

ヘアーとエステ、ネイルなどお客さまのトータルビューティのお手伝いと、高齢者や障害者向け訪問美容、そして、がん治療にともなう外見変化への支援(アピアランス・サポート)など、美容師の資格を必要とする様々な社会貢献事業を行っています。
新卒や中途採用、子育てが終わって美容に復帰したい方、ソーシャルビジネスとしての美容にご興味がある方を募集しています。がんサバイバーの方も、是非その経験を活かしてください。
必要な技術や専門知識は指導致しますので、「美容を通じて、すべての人と社会をつなぐ」美容の新しいかたちづくりにいっしょに挑戦してみませんか?

【職種】   美容師アシスタント~スタイリスト、エステティシャン
【採用区分】 正社員・パート
【勤務日数】 1日~5日/週
【業務内容】 高輪サロンでのサロンワーク、港区内での在宅高齢者、障害者向け訪問美容(港区からの業務委託事業)、連携病院およびサロンでのがん患者向けアピアランス・サポートアドバイザー

業務内容の説明、採用面談を随時行っておりますのでお気軽にご連絡下さい。
03-3445-4010